未経験からITベンチャーにエンジニアとして新卒就職!内定獲得に至った要因とは?

卒業生インタビュー

プロフィール:水口佑介さん
現在大学生。社会人になった際に本業の傍でプログラミングを使って副業をしたいと思い学習を始めた。ビジネス職の内定を貰っていたが、エンジニアとして就職を決める

プログラミングを学び始めた理由

プログラミングを学び始めたきっかけを教えてください

元々プログラミング開発の仕事に興味があったというのが学び始めたきっかけです。

本業の傍でプログラミングを使って副業をしたいと思っており学習を始めたのですが、徐々に本業でやりたいという気持ちが強くなっていきました。

副業の選択肢としてブログ等もありましたが、自分の書いたコードがweb上で形になっていくということにやりがいを感じることができたためエンジニアの道に進もうと決意しました。

学習方法としてスクールを選んだ理由

元々書籍を買って学習していこうと思っていたのですが、いざ始めてみると全然続きませんでした。

現役のフリーランスエンジニアの方にも相談し、やはり独学には大きな壁が存在していて挫折してしまう可能性が非常に高いということを改めて実感したため、スクールに通うことを決めました。

自己解決力を身に付けられる

COACHTECHを選んだ理由

ただプログラミング言語を学ぶだけではなく、エンジニアとして必須のスキルである自己解決力を身につけることができると思ったからです。

短期集中型というのも魅力的なポイントでした。だらだらやっていると続かないため短期間で一日の学習時間を増やし進めていきたいと思いました。

実際に通ってみて

非常に学習がしやすい環境でした。質問をするとすぐに返信が来ますし、答えではなく考え方やヒントなどを教えていただけたため、徐々に自分で解決する力が身についていったと思います。

専属コーチとの面談では自分のスケジュールに沿った1週間の綿密な学習計画を立ててもらっていました。また、将来的にフリーランスになりたいため、キャリアについての相談にも乗っていただきました。

ビジネス職からエンジニア職へ転向した理由とは

就活を一度終えていたとのことですが…

COACHTECHに通い始める前に就職活動をしていてビジネス職で内定をいただいていたのですが、プログラミングを学習していく中で、エンジニアになりたいという思いが強くなり、スクールで学びながら再度エンジニア職として就職活動を行っていました。

大変だったのでは?

時期的な問題もあり、新卒募集をしている企業があまりない中、IT系のベンチャー企業を中心に探していました。

就活サービスのポートフォリオにタスク管理アプリとプロフィールサイトを載せていたところ、プロフィールをみた上でスカウトをいただくことができました。最終的にその企業に内定をいただき、就職する予定です。

プログラミングの技術的なことに加えて、ポートフォリオの作り方、wantedlyの書き方など就活についてもサポートしていただけたことが今の結果に繋がっていると思います。

卒業後に10万円の案件獲得!

現在は就職前にさらなるスキルアップをするためにエンジニアインターンを行っています。

インターンでは受託案件の開発を行っており、日々成長を実感しています。

案件を任せてもらえるほどのスキルが身についたのは、COACHTECHの学習環境があったからだと思っているのでとても感謝しています。

最近、10万円の案件を無事に完遂することができたので、大学卒業までに合計30万円というのを目標に精進して行きたいです。

COACHTECHを検討している方に一言お願いします!

エンジニアとして活躍したい方にはおすすめできるスクールだと思います。

自分で学習を続ける自信があり、ただ言語を学びたいだけの方は、書籍や学習サービスを用いた独学でも良いと思いますが、しっかりと案件を進めて行けるようなスキルが欲しい方は、COACHTECHに通うことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました