フリーランスの意味って?スキルゼロから目指すならどの仕事?

フリーランス

「フリーランス」という言葉に聞き覚えはありますか?

何となく「自由に働いている人」ということは知っていても、詳しい意味を理解している人は少ないのではないでしょうか。

近年働き方の意識も変わってきて、コロナをきっかけに益々増えてきた「フリーランス」。

本記事ではフリーランスの意味や活動タイプの分類、スキルゼロから目指す場合におすすめなフリーランスの仕事まで詳しく紹介していきます!

フリーランスの意味って?

自宅でパソコン作業を行う男性の写真

フリーランスとは、会社や企業など特定の団体に属さずに、自分のスキルによって自由に仕事を請け負いながら働く「働き方」を意味します。

フリーランスとして働く人は、各契約ごとに自分のスキルやコンテンツを提供し、対価に見合った報酬を受け取ります。

フリーランスの語源は中世ヨーロッパまで遡ります。

中世ヨーロッパでは、戦争の度に貴族と個人的に契約する騎士がいました。

フリー(=free)の意味は自由、ランス(=lance)の意味は槍、つまりフリーランスの意味は自由な槍となり、当時の騎士が1つの主人に絞らず仕えたことが伺えます。

現代のフリーランスは法令上の用語ではなく、あくまで概念であるため定義も曖昧です。

そのため特に資格や申請もなく、自分がスキルを活かして自由に働き方を選択しているだけで「フリーランス」と名乗ることができるのです。

フリーランスと個人事業主の違いとは?

スマホを見て考え込む女性の写真

フリーランスと個人事業主の違いは「働き方」を指すのか「税法上の区分」を指すのかで分けることができます

フリーランスとは、企業や団体に属さない「働き方」を意味する言葉です。

そのため個人であっても法人であっても、どこかに属さない働き方をしていれば「フリーランス」となります。

一方個人事業主とは、「税法上の区分」を意味する言葉です。

日本において、法人化せず個人で働く場合「開業届」を役所に提出する必要があります。

開業届を出せば「継続して事業を行う個人」として青色申告など税法上の特典を受け取ることができる「個人事業主」になります。

つまり、法人化していなくて企業に所属せず働いている人は「働き方はフリーランスで税法上の区分は個人事業主」と2つ同時に名乗ることもできるのです。

フリーランスの活動タイプ

カフェに置かれたパソコンの写真

フリーランスの活動タイプは、主に3つに分けられます。

  • 専業フリーランス
  • 副業フリーランス
  • 複業フリーランス

専業フリーランス

専業フリーランスとは、企業に属さず専門的な分野を1つに絞って働くフリーランスを指します。

フリーランスと聞いて最もイメージしやすい活動タイプではないでしょうか?

専業の場合、専門分野のスキルや知識量は圧倒的に多く、年収も副業フリーランス・複業フリーランスに比べて高くなる傾向にあります。

しかし、コロナウイルスのような何らかの原因で一時的に専門分野の仕事がなくなった場合やIT化等でいずれは淘汰される分野の場合、収入源が途絶えてしまう可能性があるため注意が必要です。

副業フリーランス

副業フリーランスとは、本業を持ちながらも収入を補ったりスキルを身に付けるために、隙間時間を利用して働くフリーランスを指します。

本業を持っているため、フリーランスとしての仕事が少なくても精神的に追い詰められず働くことができます。

しかし、スキルアップの速度は専業フリーランス・複業フリーランスに比べて1番遅くなってしまい、フリーランスとしてのモチベーションを維持するために強い精神力が必要となります。

フリーランスとしてデビューしたばかりのころは、ほとんど収入がないといったことも珍しくありません。

そのため「副業フリーランス」で徐々にスキルアップして「専業フリーランス」として独立するパターンが多いです。

複業フリーランス

複業フリーランスとは、専門分野をいくつか持って働くフリーランスを指します。

どの分野も本業として垣根を作ることなく取り組むため、幅広い分野でのスキルアップや人脈づくりをすることができます

また、いくつも専門職をもつことにより、1つの分野が何らかの理由で途絶えてしまった場合も収入源を絶やすことなく働くことができます。

しかし複業フリーランスは複数分野を持つため勉強量が多く、スキルアップのスピードも専業フリーランスに比べて遅くなってしまいます。

さらにスケジュール管理が複雑になるため、自己マネジメント能力が高い人におすすめの働き方です。

フリーランスの仕事の種類

パソコンでコーディングする写真

フリーランスの仕事は多岐に渡りますが、ここでは代表的な仕事の種類5つを紹介します。

  • IT系フリーランス
  • デザイン系フリーランス
  • コンサル系フリーランス
  • クリエイティブ系フリーランス
  • 接客系フリーランス

IT系フリーランス

IT系とは、コンピュータやインターネットを駆使するフリーランスです。

具体的な仕事にITエンジニアやWebマーケター、Webコーダーといったものが挙げられます。

現在の世の中はインターネットの普及やAIの登場により、デジタル化が進んでいます。

デジタル化は急速に進んでいるためIT分野は人手不足なことが多く、IT系フリーランスの需要は非常に高いといえます。

そのためITフリーランスは一定のスキルや知識を身に付けたら、仕事に困ることはないでしょう。

また、パソコンとインターネット環境さえあれば仕事ができるものが多く、フリーランス人口も高い分野となっています。

IT系のフリーランスは時代を先駆ける、まさに最先端をいく仕事です。

常に勉強して最新情報を取り入れる必要があるため、知的好奇心が旺盛で世の中の変化に柔軟に対応できる人におすすめな職種となっています。

デザイン系フリーランス

デザイン系は、センスや技術を元に、様々な媒体をデザインするフリーランスです。

代表的な仕事にWebデザイナーやUI/UXデザイナー、CGデザイナーといったものが挙げられます。

ビジネスにおいて商品やサービスのデザイン性は重視されており、デザイン力の高いフリーランスは各企業から重宝されます。

デザイン系フリーランスは「天性の才能がないと難しい」と思っている方も多いかもしれませんが、心理学や人間工学を学ぶことで確実にスキルアップすることができます。

またIT化が進んだことにより、デザイン系フリーランスの活動幅も紙媒体からWeb媒体へと広がりをみせています。

そのため、イラストレーターやアドビといったソフトウェアの知識があると、より稼げるデザイン系フリーランスになることができます。

コンサル系フリーランス

コンサル系フリーランスはクライアントの課題を見つけ問題解決することで、ビジネスの改善や売上アップを目指すフリーランスです。

コンサルは細かく分野が分かれますが、代表的なものにITコンサルや戦略コンサルといったものが挙げられます。

どのビジネスシーンにおいても、コンサルの需要は高いです。

クライアント自身ではビジネスの課題に気付くことができないことは多々あり、知識や経験が豊富なコンサルが第3者として介入することで、円滑にビジネス展開する狙いがあります。

コンサルにはビジネスマーケティングの知識と+αで専門的な知識やスキルが必要となることが多いです。

また、クライアントと密な連携をとり課題解決する必要があるため、コミュニケーション能力や問題に対する提案力といったものも求められます。

こういったことから、コンサル業務は非常に高いスキルが求められるためフリーランスコンサルの年収は他業種に比べて高い傾向にあります。

クリエイティブ系フリーランス

クリエイティブ系フリーランスは、自分のスキルやセンス、経験を元に様々なものを1から生み出す職業です。

具体的な仕事にYouTuberや芸術家、カメラマンといったものが挙げられます。

近年、個人でもインターネットを通して作品を発表する機会が増えたこともあり、新たな需要が急上昇した分野でもあるといえます。

クリエイティブ系は実力があることはもちろんのこと、運や才能もフリーランスの活動に影響する過酷な面があります。

そのため、収入がまったくない人から会社員では考えられないほどの高額収入を得ている人まで様々です。

しかしながら、クリエイティブ系フリーランスは自分の好きなことを仕事にしている人が多く、うまくいけば収入面・精神面ともに満足することができるでしょう。

接客系フリーランス

接客系フリーランスは、業種に関係なく顧客に直接的にサービスや商品を提供するフリーランスです。

具体的な仕事に美容師やパーソナルトレーナー、スタイリストといったものが挙げられます。

接客系のフリーランスは顧客との距離が近いため、1度信頼関係が構築できたら継続的に仕事を発注してもらいやすい、という特徴があります。

また人間対人間のビジネスモデルのため、IT化が進んでも淘汰されにくい分野であるといえます。

しかし、接客系フリーランスは顧客の事情が第一優先になってしまうため、フリーランスのメリットである「時間や場所の自由」が他職種に比べて少ないことが多いです。

とはいってもお礼を言われたり顧客が喜ぶ姿を直接見ることができるため、やりがいや充実度は高い職種といえるでしょう。

スキルゼロからフリーランスを目指すならどの仕事がいい?

考え込む男性の写真

スキルゼロの未経験者であってもフリーランスを目指すことは可能です。

その場合におすすめの仕事を3つご紹介します。

  • ITエンジニア
  • ブロガー
  • 動画編集者

ITエンジニア

エンジニアとは、IT系の知識を駆使して様々なシステムを開発する仕事です。

ITエンジニアには、プログラミングを専門に行うプログラマー、システムの設計から保守まで考えるシステムエンジニア、ゲーム開発に特化したゲームエンジニアなど細かく分類があります。

どの職業にせよITエンジニアの基盤となるのが「プログラミングの知識」です。

プログラミングとは、プログラミング言語を用いてコンピュータに命令を出す作業です。

プログラミング言語にはいろいろと種類がありますが、初心者でも学びやすい「PHP」や「JavaScript」といった言語もあり、書籍やスクール、各種勉強会など、学習環境も整っています。

またIT系の分野は求人数も多く報酬も高い傾向にあるため、スキルさえ身に付けてしまえば初心者でも安定して稼ぐことができるでしょう。

こういった理由から、スキルゼロからでもITエンジニアは目指しやすい仕事であるといえます。

ブロガー

ブロガーとは自身の運営するブログに、記事や日記を投稿することでサイトに集客し利益を得る仕事です。

ブロガーの稼ぎ方は2つあります。

  • 商品を紹介しユーザーに購入してもらうことで報酬を得るアフィリエイト方式
  • ブログに張り付けてある広告をユーザーにクリックしてもらうことで報酬を得るアドセンス方式

アフィリエイト方式はユーザーを集客するSEOライティングスキルと、ユーザーが商品を思わず購入したくなるようなセールスライティング能力が必要となります。

アドセンス方式は、アフィリエイト方式より高度なSEOライティングスキルと、ユーザーがブログを継続して読みたくなるようなカリスマ性が必要となります。

どちらの稼ぎ方にしろ、ブロガーにはWebマーケティング能力と高い文章能力、記事を何個も投稿する継続力が必要です。

しっかりと勉強し継続し続けているブロガーの中には、月何百万円と稼ぐ人もいます。

また自身でドメイン取得したブログは残り続けるため、うまく運用することで稼ぎを生み続ける資産としての価値を生みだすこともできます。

動画編集者

動画編集者とは、その名の通り撮影された、もしくは制作された動画をユーザーがより興味を持って見ることができるように編集する仕事です。

YouTubeの人気が上がってきたことにより、動画編集者の需要も増え続けてきています。

動画編集者にはクライアントの意図を読み取り、それを動画に分かりやすく落とし込むための動画構成スキル、動画編集スキル、ロジカルシンキングが求められます。

また、動画編集には比較的高性能なパソコンが必要なため、初期費が少し高くなる傾向にあります。

とはいえパソコンとインターネット環境さえあれば、基本的な作業はできるためフリーランスの中でも人気な職業です。

フリーランスが案件を探す際におすすめの媒体

微笑む女性の写真

フリーランスが案件を探す際に、おすすめの媒体は3つあります。

  • 人脈
  • SNS
  • クラウドソーシングサイト

人脈

以前仕事を請け負ったクライアントからの紹介や、友達から思わぬ仕事がきたりと、人脈を活用して案件を探ることはフリーランスにとって有効な手段です。

人脈を活用した案件探しの良いところは、悪質な案件に当たりにくところ、リアルでの繋がりがさらに増えるところです。

そのため常日頃から人脈を広げておくことで、良い案件に当たる確率も高くなります。

現在仕事をくれるような人脈を形成できていない場合は、サロンや勉強会、セミナーに参加するなど、同業者の知り合いから増やしていくと良いでしょう。

また全く関係ない職業の知り合いにも、現在自分がどんな仕事をしているか知らせておくことで、何かあった際に名前を出してもらうことができます。

SNS

twitterやFacebookといったSNSも、フリーランスの案件探しに有効です。

SNSで案件を獲得するために必要なことは、自分の活動を定期的に投稿することです。

定期的な投稿により現在進行形でフリーランスとして活動していることを、アピールすることができます。

また活動に熱心な人という印象も持たれやすく、企業からDMが来るなど、直接スカウトをもらうこともできるかもしれません。

さらにSNSでは、ハッシュタグを使った仕事募集も盛んです。

例えばフリーランスエンジニアの場合「#エンジニア募集」と調べることで、案件とマッチングできる可能性があります。

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトとは、仕事を発注したい人と仕事を受注したい人をマッチングするサイトです。

発注者は不特定多数の幅広い人材に仕事を依頼できるメリットがあり、受注者は企業に所属していなくても仕事を受けることができます。

クラウドソーシングサイトの代表に「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったものがあり、システム開発の依頼からイラスト作成まで様々な案件が掲載されています。

人脈もなく発信できる情報もない場合、クラウドソーシングサイトから利用してみると良いかもしれません。

まとめ

フリーランスの意味は、会社や企業など特定の団体に属さず自分の力で稼ぐ働き方、というものでした。

一言で「フリーランス」といっても、その活動タイプや仕事の種類は様々です。

現在スキルがない方でも、学習し挑戦することでフリーランスとして活動することはできます。

自由で縛られない働き方に興味がある方は、フリーランスを目指してみてはいかがでしょうか?

フリーランスエンジニアになるならCOACHTECH

「フリーランスになりたい!」「プログラミングで自力で稼ぎたい!」

このように思ってる方にぴったりのスクールが、COACHTECHです。

COACHTECHはフリーランス特化型のスクールで、卒業までに自力で案件開発ができるレベルのプログラミングスキルと自走力が身に付きます。フリーランスになることにこだわったカリキュラムとサービスを用意しているため、他スクールよりも早くフリーランスエンジニアとしての第一歩を踏み出せます。

また、一人一人に合わせて学習プランを用意するので、仕事で忙しい方やプログラミング未経験の方でも安心です!

「フリーランスについてもっと知りたい!」「フリーランスになるのにまだ不安がある」という方は、ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

フリーランス
\ この記事をシェアする /
COACHTECH Lab.
タイトルとURLをコピーしました