フリーランスは理想の働き方?メリットとデメリットをあわせて紹介

フリーランス

「フリーランスは会社に縛られず自由に働ける」というイメージから、漠然とあこがれを抱いている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはどのように働いているのかいまいち想像しにくいですよね。

この記事では、フリーランスのメリットとデメリットを紹介しながら、フリーランスはどのように働くのかをイメージできるように解説していきます。フリーランスへ転向を考えている人はもちろん、これから職業を選ぶ人にも読んでいただきたいです。

最後にはフリーランスにむいている人の特徴も紹介しています。メリットとデメリットをあわせて「フリーランスは自分にとって理想の働き方なのか」ぜひ検討してみてください。

フリーランスの6つのメリット

青空とメリットと書かれたクリップ

それでは、まずフリーランスのメリットについて解説していきます。

収入アップを目指せる

フリーランスのメリットはなんといっても、働いて成果を出せば出すほど収入アップができること。成果が収入に直結するので、モチベーションを保ちやすいです。

また、報酬額を依頼主と交渉することで収入を増やすことも可能です。案件を継続的に受注し、相手との信頼関係を築けたと感じたら、報酬額を増やすための交渉を行ってみましょう。

相手が自分の仕事に満足しているのであれば、報酬額の増額に応じてくれるはずです。

自分の裁量で仕事を選択できる

会社員でしたら、上司から任せられた仕事は、どんなに苦手でもやり遂げなければなりません。しかし、フリーランスでしたら、自分がやりたい仕事を選べます。

報酬の高い案件を選んで収入アップを目指せますし、興味のある分野を選んでスキルを伸ばすことも可能。

また、本業以外の副業も自由に行えます。

会社員でしたら、会社が副業を禁止していたら、副業にチャレンジする機会がありません。

たとえ、会社が副業を禁止していなくても「副業をやりたい」と申請することは、現在の給料や仕事内容に不満があると思われるリスクもあります。

その点、フリーランスでしたら、自分がやってみたい副業にいくらでもチャレンジすることができます。

フリーランスは自分の可能性を広げやすい働き方と言えますね。

働く時間・場所が自由である

いつ働くか選べる

フリーランスとして働くと、自分にとって都合のいい時間に仕事ができます。

朝のほうが仕事に集中できる人もいれば、逆に朝が弱く夜の方が集中できる人もいますよね。

フリーランスは自分が一番パフォーマンスを発揮できる時間帯に仕事を行い、短時間で仕事を終わらせることが可能です。

朝が苦手なのに早起きをして会社に行き、頭が働かない中仕事をする…なんてこともなくなります。

また、「いつ働くか選べる」ということは、自分で休日を設定できるということ。

友人や恋人、家族と都合が合いやすい土日をお休みに設定してもいいです。逆に、飲食店や施設が空いている平日をお休みにしてもいいですね。もちろん、両方のいいとこどりも可能!

そして、休日の量も自分で調節できます。

収入の量が少ないと感じたら、休みを少なくして働いた分が売上につながります。

逆に、休みを多くして遠くへ旅行にも行けますよ!

どこで働くか選べる

好きな場所で働ける点も、フリーランスとして働く魅力の一つ。

フリーランスの働き場所として、最も一般的なのが自宅。

通勤時間が0分で、すぐに仕事に取りかかれるのが魅力です。

また、会社よりも自宅の方が働きやすい環境を整えられますよね。集中できる音楽を流してもいいですし、リラックスできるアロマをたきながら仕事をすることも自由。

誰にも気兼ねなく、自分の働きやすい環境を作れます。

また、カフェやファミレスでも仕事が可能。最近では、無料でWiFiを利用できる店舗も増えてきていますよね。適度な雑音によって集中力が上がる人もいるのではないでしょうか。飲み物を飲みながら、ゆったりと仕事ができるのは魅力的ですよね。ただし、混雑時には早めに切り上げる配慮が大切です。

その他にも、コワーキングスペースで仕事をするフリーランスもいます。コワーキングスペースとは、異なるバックグラウンドを持った人々が作業スペースを共有できる空間のこと。コワーキングスペースで出会った人から、新たな仕事を獲得することもあります。コワーキングスペースは、利用者同士のネットワークから、新たな発想を得る場として人気が高まっています。

自宅での作業に行き詰まったら場所を変えてみると新たな視点が生まれるかもしれません。

観光地やリゾート地でリフレッシュをはかりながら仕事をする「ワーケーション」も、フリーランスなら行いやすいですよね。

どこで働くかを自分のタイミングで選べる点は大きなメリットです。

会社員は、会社に出勤できる範囲に自宅が必要です。

しかし、フリーランスは場所に縛られなくても働けます。

どこででも仕事ができるため、より家賃や物価が安い地方に移って生活費を安く抑える選択も可能。海外に移住して仕事を行うフリーランスもいます。 

自分のスキル・強みをさらに生かせる

自分の裁量で案件を選べるので、自分の持っているスキル・強みを最大限に活かせるのも、フリーランスにおける醍醐味の一つ。

経験を重ねる中で専門性を磨いて、自分の価値を高めることが、フリーランスとして生き残っていく上での鍵といえますね。

そのためには、時には新たな環境に飛び込んで、最新の知識や技術を学ぶことも大切。スキルや強みが目に見える形で高まると、やりがいや喜びを感じられます。

自分がやりたいことがなにかを考えながら、他の同業者とはちがう、自分ならではのキャリアを見つけることが重要です。

会社員時代に感じたストレスを軽減できる

会社員時代にはさまざまなストレスがありましたよね。フリーランスになれば、それらのストレスは軽減できます!

人間関係のストレス

人間関係のストレスを軽減できます。気の合わない人が職場に一人いるだけでストレスを感じますよね。それだけで仕事のパフォーマンスが一気に落ちた経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

フリーランスになればそのようなストレスはなくなります。人間関係のストレスから解放され、仕事だけに集中できる環境を整えられます。

満員電車のストレス

朝起きて、満員電車に乗ると考えただけで苦痛になりますよね。満員電車に乗って会社に出勤した際は、かなりのエネルギーを消費したと感じるのではないでしょうか。

前述したように、フリーランスは働く時間・場所が自由であるため満員電車に乗る必要はありません。ストレスフルな通勤時間を、自分のための時間に変えられます。

イベント参加のストレス

会社という組織に所属する以上、円満な人間関係は最重要項目の一つです。人間関係の円滑化のためにイベントがあることは、頭では理解できていても苦痛を感じる人もいるのではないでしょうか。

飲み会や旅行などのイベントを楽しめればいいのかもしれません。しかし、余暇の時間まで会社に奪われるのはやはりストレスです。断る理由を探すのも、断ること自体も苦痛ですよね。

フリーランスとして働けば、そもそもイベントはありません。イベント参加のストレスから解放され、余暇を自由に使えます。

税負担を軽くすることができる

フリーランスは、会社員に比べて節税対策を優位に行えます。

たとえば、事業に関する費用を経費として計上し、課税対象となる所得金額をできるだけ小さくすることが可能です。そのためには、事業で利用した領収書や伝票は必ず残しておくように心がけましょう。

また、確定申告の際に青色申告を行うと、節税面においてより多くの恩恵をうけられます。青色申告とは、複式簿記に基づいた申告方式です。簡単な帳簿作成でよいとされる白色申告に比べ、青色申告は複雑な帳簿作成が必要になります。

青色申告を選択すると次のようなメリットがあります。

  • 55万円の青色申告特別控除を受けることが可能

「e-Tax」という電子申告・納税サービスを利用すると、青色申告特別控除がさらにプラス10万円になり、控除額が65万円になります。

  • 一定の要件のもと、家族の給料を経費にすることが可能
  • 赤字が出た場合、損失を最大3年間繰り越して黒字と相殺することが可能
  • 30万円未満で購入した備品を、全額経費として計上可能

複雑な帳簿作成は大変かもしれませんが、ぜひ青色申告を選択するようにしましょう。

フリーランスの6つのデメリット

曇り空とデメリットと書かれたクリップ

次に、フリーランスのデメリットについて紹介していきます。

収入が安定しない

フリーランス最大のデメリットは収入が安定しないこと。

事業が軌道に乗って安定して案件を獲得できれば、収入につながります。しかし、案件を獲得できなければ収入がゼロになる可能性も

収入や労働時間が不安定になるとストレスを感じる人にとっては、本来のパフォーマンスを発揮するのは難しいです。

また、病気やケガで働けなくなってしまえば、収入は一気になくなります。会社員でしたら、有給休暇でカバーすることはできますが、フリーランスにはそれができません。

セーフティーネットが脆弱

フリーランスは収入が安定しない上に、セーフティーネットが脆弱といえます。

健康保険においては、フリーランスは国民健康保険に加入可能です。会社員でしたら保険料の一部(たいていは半分)を会社が負担してくれます。しかし、フリーランスは保険料の全額を負担する必要があります。

会社員ならば受け取れる傷病手当金も、国民健康保険に加入しているフリーランスは受け取れません。傷病手当金とは、病気やケガで働けないときに支給される手当金のことです。同じように、出産手当金も受け取れません。

年金制度に関しては、フリーランスが受給できるのは老齢基礎年金のみです。それに対して、会社員であれば老齢厚生年金を上乗せした金額を受給できます。

しかも、フリーランスの保険料は全額自己負担になるのに対し、会社員は会社が半分の保険料を負担してくれます。

付加年金や国民年金基金、iDeCoに加入すれば、ある程度の老後対策はできますが、やはり会社員がうらやましいと感じてしまう点ですよね。

フリーランスを支える公的な制度が脆弱といえます。

利用できる制度をきちんと理解し、民間の保険に加入するなどして、あらゆるリスクに備えましょう。

特に働けなくなるリスクが大きいので、就業不能保険や所得補償保険に加入することを検討したいですね。

社会的信用が低くなる

フリーランスに転身すると、会社員に比べて社会的信用が低いことを実感します。具体的には次のような場面です。

  • クレジットカードが作りづらい
  • 住宅ローンの審査が通りにくい
  • 物件が借りにくい
  • 銀行からお金を借りるのが難しい

フリーランスは毎月定期的に振り込まれる給料がありません。たとえ、会社員時代に比べて収入が上がっていたとしても、社会的信用が低いと判断されてしまいます。

会社員のうちに上記の契約を済ませておきましょう。

確定申告が必要になる

会社員は勤務先で確定申告が行われるため、基本的には確定申告をしなくてもいいですよね。

しかし、フリーランスは必ず確定申告を行わなければなりません。もしも、確定申告を行っていないことが税務署に知られると、ペナルティとして加算税を支払うことになります。

節税面においてより多くの恩恵を受けたいのなら、確定申告の際は青色申告を選択する必要があります。青色申告は複雑な帳簿作成をしなくてはならず、負担に感じるフリーランスも多いです。

帳簿や経理に不安を感じたら、最寄りの青色申告会で相談してみましょう。青色申告会とは、個人事業主を中心に組織された納税者団体です。帳簿の付け方や経理についても教えてくれますので、訪れてみてはいかがでしょうか。

その他にも、経理ソフトを導入することで格段に手間を省くことができます。

資金に余裕があるのなら、税理士に相談することも選択肢の一つですね。

仕事探しが大変

フリーランスが仕事を獲得するためには、自分から提案営業を行う必要があります。

会社員ならば与えられた仕事をこなしていけばいいですが、フリーランスは自分で営業を行い、仕事を獲得しなければなりません。

本来の業務と並行して営業活動を行うのは予想以上に大変です。

すでに受注している案件で手一杯になり、営業が全くできなければ仕事が途切れてしまいます。

また、時間をかけて営業を行っても、案件が獲得できないなんてことも。そうなると収入にはつながりません。

フリーランスとして活動していくためには、営業能力に加えて、営業と本業を同時にこなすタスク管理能力が必要になります。

また、顧客や市場のニーズを発掘し、自身の仕事につなげていく能力も必要です。そのためには、顧客の話に耳を傾け、市場における最新の情報を手に入れるようにしましょう。

孤独を感じる

フリーランスとして働くと「一日中家で仕事をしていて誰とも話さなかった」なんてこともめずらしくありません。

会社員時代はわずらわしいと感じていた人間関係が恋しくなるほど、フリーランスとして働いていると孤独を感じます。

SNSを使ってフリーランス仲間と交流をしたり、情報を交換し合ったりすることで孤独を緩和できますよ。

コワーキングスペースを利用することもオススメ。異なるバックグラウンドを持つ人との交流は、孤独が緩和されることに加えて、新たなビジネスのきっかけを作れることも。

また、人と関わる機会が格段に減るので、最新の情報を入手しにくいのもフリーランスにおけるデメリットの一つ。

同業種が集まるイベントはもちろん、異業種交流会にも参加して最新の情報を手に入れるように心がけましょう。

こんな人はフリーランスを目指すべき

チャレンジという文字とジャンプする人の雲が浮かんでいる青空

ここまで、フリーランスのメリットとデメリットを紹介してきました。

それらをふまえて「こんな人はフリーランスを目指すべき」という特徴を紹介していきます。

当てはまった人はぜひフリーランスになることを検討してみてください。

スキルがあって年収アップを目指している人

フリーランスのメリットとデメリットから、フリーランスにはさまざまなスキルが要求されることがお分かりいただけたと思います。

以下フリーランスに必要なスキルをまとめました。

  • 専門性
  • 交渉能力
  • 営業能力
  • タスク管理能力
  • 顧客・市場のニーズを把握する力

これらのスキルを持っている人がフリーランスになれば、会社員時代に比べて年収を上げられる可能性は高いです。

会社員ならばどんなに仕事をがんばっても年収アップにつながるとは限りませんが、フリーランスならば成果が報酬につながります。

本業以外のやってみたい仕事にチャレンジして収入を増やす選択肢もあります。

上記のスキルがあって、すぐに年収を上げたいと考えている人は、ぜひフリーランスにチャレンジしてみてください。

もっと自由に働きたい人

フリーランスになれば、あらゆることが自由です。働く場所、働く時間、いつまで働くか、誰と働くか、いつ休むのか…。あらゆることに縛られる必要がないため、理想のライフスタイルを築きやすいです。

会社員に比べて、家事、育児、介護がしやすい環境でもあります。家族や恋人、友だちといった大切な人との時間も増やしやすいですよね。

仕事以外のことをライフスタイルの中心にしたい人にとっては、うってつけの働き方といえるかもしれません。

自己管理が得意な人

フリーランスとして働くと仕事とプライベートの境目があいまいになります。自己管理が得意でなければフリーランスとして働くことは難しいでしょう。

たとえば、フリーランスは自宅でも仕事ができるので、ついのんびりしがち。動画を見たり漫画を読んだりで、仕事が全く進まないなんてことも。

「何時までに作業を終わらせる」と決めたら、最後までやり遂げられる意志の強さも必要になります。

逆に、収入が不安定なこともあり、眠る時間を削ってまで仕事をしてしまう人もいます。

しかし、前述したとおり、フリーランスは体を壊したら一気に無収入になってしまいます。

体調管理もフリーランスの大切な仕事といえますね。

仕事に対するモチベーションや不安な気持ちをコントロールでき、オンオフの切り替えができる人がフリーランスにむいています。

まとめ

芝生と赤い上向き矢印

今回はフリーランスのメリットとデメリットに加えて、フリーランスを目指すべき人の特徴を紹介しました。

フリーランスはあらゆることが自由で収入アップが見込める反面、スキルや自己管理能力が足りないと続けていくのが難しい働き方といえますね。

しかし、理想のライフスタイルを築きやすい働き方であることがわかっていただけたと思います。

今後、自身のキャリアにおいて、なにを一番優先したいのか。

お金、安定、自由、大切な人との時間…。

その答えがフリーランスを選択するかどうかの鍵になります。

この記事が、あなたにとって理想の働き方とはなにかを考えるきっかけになれば幸いです。

フリーランスエンジニアになるならCOACHTECH

「フリーランスになりたい!」「プログラミングで自力で稼ぎたい!」

このように思ってる方にぴったりのスクールが、COACHTECHです。

COACHTECHはフリーランス特化型のスクールで、卒業までに自力で案件開発ができるレベルのプログラミングスキルと自走力が身に付きます。フリーランスになることにこだわったカリキュラムとサービスを用意しているため、他スクールよりも早くフリーランスエンジニアとしての第一歩を踏み出せます。

また、一人一人に合わせて学習プランを用意するので、仕事で忙しい方やプログラミング未経験の方でも安心です!

「フリーランスについてもっと知りたい!」「フリーランスになるのにまだ不安がある」という方は、ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

フリーランス
\ この記事をシェアする /
COACHTECH Lab.
タイトルとURLをコピーしました