フリーランスエンジニアの末路とは?失敗しないための方法も紹介!

フリーランス

「フリーランスエンジニアとして独立したいけど、不安で踏み切れない」このように考えている会社員の方も多いのではないでしょうか?

確かにフリーランスエンジニアの中には様々な要因から「悲惨な末路」を迎えてしまう方がいることも事実です。

一方で、一般の会社員では考えられないような大成功を収めるフリーランスエンジニアもいます。

本記事ではフリーランスエンジニアの失敗例と成功例から、フリーランスエンジニアとして失敗しないための準備や、活躍し続ける為の方法をご紹介します。

フリーランスエンジニアの悲惨な末路を回避したい方、ぜひ参考にしてみて下さい!

フリーランスエンジニアの末路とは?失敗しないための方法も紹介!

フリーランスエンジニアの悲惨な末路をたどった失敗例

男性が頭を抱える写真。

フリーランスエンジニアのよくある失敗例を6つ紹介します。

どの失敗談でも、根底にあるのは”フリーランスエンジニアの仕事は全て自己責任”であることです。

フリーランスエンジニアのよくある失敗談から、フリーランスエンジニアという職業について、理解を深めてみて下さい!

【失敗例1】収入が安定しない

フリーランスエンジニアの失敗例1つ目は、収入が安定しないことです。

会社員であれば、毎月決まった金額を給与として受け取ることができます。

しかし、フリーランスエンジニアは仕事をこなした分しか収入を得ることができません。

そのため仕事がなければ給与もゼロ、そういったことも十分あり得るのです。

また仕事があっても、営業力が足りず低単価や単発の仕事しか受注できなかった場合、働いた割に収入が低くなってしまいます。

こういった理由からフリーランスエンジニアの失敗例として、収入が安定せず生活が成り立たなくなることがあるのです。

【失敗例2】体調やメンタルを崩す

フリーランスエンジニアの失敗例2つ目は、体調やメンタルを崩すことです。

フリーランスが体調を崩すよくあるパターンとして、仕事を請け負いすぎてキャパオーバーとなってしまうことが挙げられます。

なぜフリーランスが仕事を請け負いすぎてしまうのか、理由は2つあります。

  • できるだけ稼ぎたいと案件を全て受けてしまう
  • 評価を下げてくなくて案件を断れない

この2つの理由に共通するものが「フリーランスには保障がない」というものです。

そのため不安になり、自分の容量を超えた働き方をしてしまいます。

フリーランスエンジニアは基本的に1人で仕事をこなすため、請け負った仕事に対していくらキャパオーバーだったとしても全て自分で処理する必要があるのです。

そうすると、仕事をこなすために寝る時間を削ったり、昼夜逆転の生活を送ったり、ブラック企業顔負けの環境を自ら作り出してしまうことも多々あります。

そんな負担をかける働き方を続けると体調やメンタルを崩し、結果的に仕事を続けられず、悲惨な末路を迎えてしまう可能性があるのです。

【失敗例3】スキル不足で仕事を切られる

フリーランスエンジニアの失敗例3つ目は、スキル不足で仕事を切られることです。

会社員であれば上司や同僚の評価によって、ある程度自分のスキルを測ることができます。

一方フリーランスエンジニアの能力値は、大抵の場合自己申告制です。

そのため自分のスキルを見誤ると、実力以上の案件を請け負ってしまうこともあります。

フリーランスエンジニアは同僚等いない中で個人で仕事を請け負うため、周りの人間に助けを求めることが難しいです。

クライアントは即戦力となる人材であることを前提にフリーランスエンジニアと契約を結ぶため、スキル不足の場合は容赦なく仕事を切られてしまいます。

【失敗例4】スキルアップができず時代に取り残される

フリーランスエンジニアの失敗例4つ目は、スキルアップができずに時代に取り残されることです。

IT業界は現在発展形で進化しており、どんどんと技術革新が起こっています。

そのためエンジニアは、技術やスキルのアップデートを常に求められています。

会社員であれば他エンジニアと話したり、会社の勉強会に参加したり、受動的に新しいスキルを取り入れる機会があるでしょう。

しかしフリーランスエンジニアはそういった機会は少なく、能動的にスキルアップしていかなければなりません。

学習意欲のないフリーランスエンジニアは、気付いたら一昔前の技術やスキルしか持ち合わせておらず「時代にそぐわない必要のない人材」となってしまう可能性があるのです。

【失敗例5】自己マネジメントができず信頼を失う

フリーランスエンジニアの失敗例5つ目は、自己マネジメントができず信頼を失うことです。

自己マネジメントとは「目標達成のために、自分自身を律して管理すること」を指します。

自分自身の管理とは具体的に、タスクやスケジュールの管理、マインドコントロール、健康状態の維持などです。

自己マネジメントができないフリーランスエンジニアは「納期を守らない」「品質の低い納品物を提出する」「報連相を怠る」など、クライアントの信頼をどんどんと失っていきます。

フリーランスエンジニアは会社員に比べて自由な職業ですが、そこには最低限の自己マネジメントが必要となるのです。

自己マネジメントを怠り「常識から外れた自由」を手に入れたフリーランスエンジニアは、悲惨な末路を迎えます。

【失敗例6】時代の変化に取り残され仕事が無くなる

フリーランスエンジニアの失敗例6つ目は、時代の変化に取り残され仕事が無くなることです。

フリーランスエンジニアは1人で自由に仕事ができる一方、自ら動かなければ社会との繋がりが薄れていってしまいます。

社会との繋がりが薄れると流行や常識、考え方が、古い考え方のままになってしまう可能性があるのです。

特にフリーランスエンジニアという職業は、IT化が進む現代において時代の最先端に位置する必要があります。

皆さんも「フリーランスエンジニア」といえば「最先端技術を駆使する革新的な職業」といったイメージがあるのではないでしょうか。

そんな革新的なイメージがあるフリーランスエンジニアの中で、古臭い考え方、時代に合った考え化のできない人間はどんどんと淘汰され、いずれは悲惨な末路を辿ることとなるのです。

フリーランスエンジニアの成功例

親指を立てて微笑む男性の写真。

フリーランスエンジニアの失敗例を紹介しましたが、もちろん成功例も沢山あります。

先述しましたが、フリーランスは全ての結果が自分に返ってくる働き方です。

そのため成功する人は、会社員では得られないリターンを得ることもできます

【成功例1】収入が上がり早期リタイア

フリーランスエンジニアの成功例1つ目は「収入が上がり早期リタイア」です。

フリーランスエンジニアは、高いスキル・高い営業力があれば会社勤めのエンジニアとは比べ物にならないほどの高収入を得ることができます。

デジタル改革が起こる現代においてIT人材が足りない企業は多く、スキルフルな人間にはお金を出し惜しみしない風潮があるためです。

安定して高収入を得られるフリーランスエンジニアになれば、その分貯金や投資に回せるお金が増えます。

そうして早期リタイアを達成したフリーランスエンジニアは、意外と多いものです。

一般企業に務めていれば「定年」という概念があるため、早期リタイアはよほどの実力や運がなければ難しいものでしょう。

しかしフリーランスエンジニアであれば、自分の頑張り次第で早期リタイアを目指すことが十分可能なのです。

【成功例2】自由な時間が増えてプライベートが充実

フリーランスエンジニアの成功例2つ目は「自由な時間が増えてプライベートが充実する」です。

フリーランスエンジニアは、自分で仕事量を調整することができます。

例えば週休3日にする、1か月間丸々休む、毎日の稼働時間を5時間に抑える、など自由に設定可能です。

近年、働き方に対する考え方が変わり「プライベートを充実させたい」という機運が高まっています。

自分のさじ加減で自由な時間を増やせるフリーランスエンジニアは、そんな世の中の考え方にあっている職業といえるでしょう。

【成功例3】会社を立ち上げ法人化

フリーランスエンジニアの成功例3つ目は「会社を立ち上げ法人化」することです。

フリーランスエンジニアは「個人事業主」であることが多いと思います。

しかしフリーランスエンジニアの中でも「稼ぎが増えた」や「もっと事業を拡大させたい」といった理由で、法人化する方も多いです。

法人化することでさらに大規模な案件を受注できたり、「社長」として社会的な地位が上がったり、税制面で優遇が受けられたり、と様々なメリットがあります。

実際にフリーランスエンジニアからスタートし、法人化して会社を立ち上げ大成功した事業家も多いです。

会社勤めであれば「会社を持つ」ことは中々難しいかと思います。

しかしフリーランスエンジニアであれば、自分次第で「社長」を目指すことも可能なのです。

【成功例4】時代の最先端のプロジェクトに参画

フリーランスエンジニアの成功例4つ目は「時代の最先端のプロジェクトに参画」です。

何度も先述していますが、IT化が進む現代でエンジニアは時代の最先端をいく職業です。

そのため、これからの世の中を変えていくような、最先端のプロジェクトもIT業界には沢山存在します。

フリーランスエンジニアは自分で仕事選ぶことができるため、そういった最先端のプロジェクトに参画することがもちろん可能です。

自分が関わったシステムで世の中が変わったり、人々の生活が豊かになったりすると、社会貢献したという満足感を得ることができるでしょう。

フリーランスエンジニアとして失敗しないための準備

黒板の前に立つ男性の写真。

記事の前半で、フリーランスエンジニアの失敗例を6つあげました。

ここではそういった失敗を回避するために、フリーランスエンジニアになる前に行っておくべき準備を4つ紹介します。

ここで挙げる準備を行っておき、フリーランスエンジニアの悲惨な末路を回避しましょう。

フリーランスエンジニアについて理解しておく

フリーランスエンジニアとして独立する前に、フリーランスエンジニアについてしっかりと理解しておきましょう。

フリーランスエンジニアの仕事のイメージとして「プログラムさえ書ければ良い」と考えている人もいますが、実際には案件に関わる全ての作業を行う必要があります。

システム構築以外に行わなければならない作業は以下の通りです。

  • 案件獲得のための営業
  • クライアントとのやり取り
  • スケジュールやタスクの管理
  • 請求書や納品書といった各種書類作成
  • 確定申告

実際の稼働以外にも様々な作業が必要となることを理解し、イメージと現実のギャップを埋めておくようにしましょう。

スキルを磨いておく

フリーランスエンジニアとして独立する前に、可能な限りスキルを磨いておきましょう。

エンジニアは「モノづくり」をする職業であるため、スキルの有無がサービス業やコンサル業といった職業よりも、明確に分かってしまいます。

極論を言うとフリーランスエンジニアは、スキルさえあれば仕事に困ることはありません。

逆にスキルがないフリーランスエンジニアは、いくらコミュニケーション能力があろうがレスポンスが速かろうが、仕事をこなすことができないのです。

ハッカーレベルのハイスペックなスキルは必要ありませんが、最低でも案件を一人でこなすことができるスキルを独立前に身に付ける必要があります。

幸いにも現在の世の中では、エンジニアがスキルを磨く場所は多く用意されています。

スクールに通ったり書籍を読んだり、自分に合ったスキルアップの方法を見つけてみて下さい。

あらかじめ人脈を広げておく

あらかじめ人脈を広げておくことで、フリーランスエンジニアとして独立した後に、比較的苦労せず案件を受注できるかもしれません。

フリーランスエンジニアは、知り合いや知り合いづてに仕事を貰うことがあるからです。

元々IT関係の知り合いがいれば良いのですが、そういった繋がりがない方はスクールに通うことをおすすめします。

スクールに通うことをおすすめする理由は2つあります。

  • 実際にエンジニアとして働いている講師と繋がることができる
  • 同じレベルのエンジニアと知り合うことができる

スクールはプログラミングを学びながら知り合いを作ることができる場所です。

エンジニアとしての経験が浅いと考えている方は、スクールを通して人脈を作りつつ、スキルアップしていくと良いでしょう。

長期的な計画を立てておく

フリーランスエンジニアとして独立する前に、長期的な計画を立てておきましょう。

フリーランスは会社員に比べて、保障や福利厚生が圧倒的に少ないのが現実です。

そのため独立前に、数十年単位の長期的な計画を立てておく必要があります。

特に再就職が難しくなる40代以降の、生き残り戦略について計画を立てておきたいところです。

10年後、20年後もフリーランスエンジニアとして活躍しているか、そしてその時はどのような働き方をするか、働けなくなった時はどうするか、様々な事態を想定した計画を作ってみて下さい。

フリーランスエンジニアとして活躍し続けるためには?

顎に手を当てて考える男性の写真。

フリーランスエンジニアとして独立した後も、生き残り続けるために努力は必要です。

成功例で挙げたようなフリーランスエンジニアになるために、独立後はここであげる6つのことを心がけて下さい。

新しい技術を学習し続ける

新しい技術を持ち、求められる人材となるために、フリーランスエンジニアは学習をし続ける必要があります。

そして新しい技術を習得するためのポイントは学習を「習慣づける」ことです。

一度習慣づけてしまえば、学習に対する苦手意識を薄めることができます。

そして連続した学習は、技術のギャップを埋めることに繋がります。

未来の技術は今ある技術の延長上にあるものです。

そのため技術間のギャップを埋めることで、より深い理解を得ることができます。

情報発信・収集を心がける

情報収集と共に、発信することも心がけると良いでしょう。

情報収集については、世の中の情勢を知ったり新しい情報を入手したりするために必要なことである、と認識している方も多いかと思います。

ここで「情報発信」を必要とした理由は、情報を発信している人には情報が集まってくるからです。

ビジネスやマーケティング業界では有名ですが、「チャルディーニの法則」の内の1つに「人は親切にされると恩返しをしたくなる」というものがあります。

この法則にあるように、有益な情報を発信することで逆に有益な情報が返ってくる、ということは実際にあるものです。

自己マネジメントの徹底

フリーランスエンジニアになったら、自己マネジメントを徹底しましょう。

失敗例として先述しましたが、自己マネジメントができないフリーランスエンジニアはクライアントからの信頼を得られず、悲惨な末路を辿ることがあります。

スケジュールやタスク、モチベーション、健康、様々な面で自分自身をしっかりと管理することで、長く活躍し続けるフリーランスエンジニアとなることができるのです。

規則正しい生活を送る

フリーランスエンジニアは働く時間を自由に選択できる場合が多いため、昼夜逆転したりご飯を適当に食べたりと、不規則な生活となってしまう方が多いです。

不規則な生活は、自律神経の乱れや肥満の原因であるといわれています。

フリーランスエンジニアの場合、体調を崩しても保障はなく収入が途絶えてしまいます。

精神的にも身体的にも健康的に活躍するために、できる限り規則正しい生活を心がけましょう

クライアントとの信頼関係を築く

クライアントと信頼関係を築き良い関係を保つことは、長期的に安定した案件をもらえたり他の案件を紹介してもらえたりと、フリーランスにとって良いことづくめです。

そのためには、納期を守る、ホウレンソウをしっかりと行う、レスポンスを早くするなど、当たり前のことを確実にこなす必要があります。

日々の細かい積み重ねが、フリーランスエンジニアの安定した収入に繋がるのです。

得意分野を作る

得意分野を作ると、長期的に重宝されるフリーランスエンジニアになることができます。

フリーランスエンジニアとして独立したての頃は、得意分野がない場合が多いです。

そのため独立からしばらくは、広いテーマに携わり経験を積むことが一般的といえます。

しかし独立から一定期間たったら、得意分野に案件を絞っていくようにしたいところです。

そうすることで特定の分野に特化した人材として認めてもらうことができ、簡単に案件を取ることができます。

また得意分野に対し深い知識があると、より高単価で案件を獲得することも可能です。

一言で「エンジニア」といっても、IT業界には様々な分野があります。

自分が興味があるものやこの先の世の中で伸びそうなものを探りつつ、いずれは得意分野を持てるようにしましょう。

まとめ

以上、フリーランスエンジニアの悲惨な末路を回避するための方法でした。

フリーランスエンジニアの中には、失敗して悲惨な末路を迎えてしまう方もいます。

しかしフリーランスエンジニアの失敗は、全て自分の努力や働きかけで解決できるものばかりです。

自分次第で自由や成功を得ることができるフリーランスエンジニア、興味がある方は一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

フリーランスエンジニアになるならCOACHTECH

「フリーランスになりたい!」「プログラミングで自力で稼ぎたい!」

このように思ってる方にぴったりのスクールが、COACHTECHです。

COACHTECHはフリーランス特化型のスクールで、卒業までに自力で案件開発ができるレベルのプログラミングスキルと自走力が身に付きます。フリーランスになることにこだわったカリキュラムとサービスを用意しているため、他スクールよりも早くフリーランスエンジニアとしての第一歩を踏み出せます。

また、一人一人に合わせて学習プランを用意するので、仕事で忙しい方やプログラミング未経験の方でも安心です!

「フリーランスについてもっと知りたい!」「フリーランスになるのにまだ不安がある」という方は、ぜひ無料カウンセリングにお越しください。

フリーランス
\ この記事をシェアする /
COACHTECH Lab.
タイトルとURLをコピーしました