本でプログラミング学習は非効率・いらない?本を活用した学習の紹介

学習方法

若者の本離れが言われて久しいですが、プログラミング学習においても、「本などいらない」という人が出てきています。

プログラミングというデジタルの世界では、本というアナログなメディアはもほや時代遅れなのでしょうか。

世間ではAIだなんだと言っているのに、本なんか読んでて大丈夫?そんな声も聞こえてきそうです。

直感的には、なんとなくそうかな、とも思えますが、果たしてどうなのでしょう。

プログラミング学習に本はいるのかいらないのか。この記事ではその辺りを考えていきます。

プログラミング学習に本は非効率?いらないと言われる理由

本棚と扉

昔から、漫画の秀才キャラといったらメガネをかけて本を読んでいるものです。勉強といったら本、と決まっていました。

ところが最近は、だいぶ事情が変わってきました。学びの方法が昔に比べて格段に広がったのです。

プログラミングという知的な行いにさえ、本はいらないという人が出始めました。彼らの根拠は、一体どこにあるのでしょうか。その理由は、次のようなものです。

読むだけではアウトプットできないから

プログラミングの学習では、自分の手を使ってキーボードからコードを打ち込むという過程が欠かせません。知識をインプットしたら、それをコードとしてアウトプットしなければならないのです。

本を読むだけでは、学習効果は高くありません。本に書いてあるコードを打ち込んで、動かしてみることが必要です。

しかし、パソコンの前で本を開いて、両手でキーボードを叩く、というのはなかなか難しいものです。プログラミングの本は分厚いものが多いので、開きっぱなしにするのに難儀します。

こういう理由から、本ではプログラミングは学べないと思っている人もいるようです。

優れたWebサービスが増えてきたから

最近は、オンラインでプログラミングを学べる学習教材やスクールが増えてきました。

動画を見るのが中心のものやブラウザに実際にコードを打ちながら学ぶもの、そしてマンツーマンでみっちり教えてくれるものなど、様々なタイプがあります。学ぶ選択肢がだいぶ広がりました。

こういうWebサービスのほうが、本よりも頭に残りやすい、という学習者は多いでしょう

ネットで情報が無料で手に入るから

インターネットが普及する前からコンピューターはありました。その時代は、プログラミングを学ぶなら本から情報を得るしかありませんでした。

本はけっこう値が張りますが、「かかるものはかかるのだ」と腹をくくって、先達たちは本に投資していました。

しかし今はどうでしょう。ネットは空気のように当たり前のものになり、体に酸素を取り込むように情報を取り込めるようになりました。

あらゆるプログラミング言語の懇切丁寧な入門サイトが世界中にあります。すべて無料で見ることができます。

どうしてわざわざ本など買う必要があるのか?と思う人が増えるのは仕方ないことなのかもしれませんね。

本を使った学習のメリットは?

山積みの本

それでは、本でプログラミングを学ぶ時代は終わったのでしょうか?

そんなことはありません。

本には本の良さというものがあります。長年人々に親しまれてきた歴史の重み、のようなものがあります。

では、具体的に本のメリットとはどんなものでしょうか。

1冊でまとまった知識を得られる

本は、あるテーマに沿ってまとまった知識を提供してくれます。

それさえ読めば入門はばっちりというものから、上級者向けの内容の濃いものまで、

様々なニーズに応える本が出版されています。

特に専門性の高いテーマの場合、本でなければ学べないこともよくあります。専門的な情報はネットでも見つかるのですが、どうしても細切れになりがちで、まとまった知識にしようと思えばあちこち渡り歩いてつなぎ合わせなければならなかったりします。

信頼性がある(ネットの情報と比べて)

本がどのようにして出版されているか考えてみましょう。

学識や実務経験の豊富な著者が出版社によって選ばれ、執筆を依頼されます。

世のニーズに沿った企画・テーマを編集者が立案し、それに沿って著者が執筆します。

著者は長い時間をかけて、自分の知識や経験、そして新たに調べたことを元に、原稿を執筆します。

原稿は編集され、場合によっては査読者によって査読され、修正・校正などを経て、印刷、出版されます。

要するに、何人ものチェックを受け、いくつもの工程を経てようやく出版されるのです。

そのぶんコストはかかりますが、関わった人達が責任を持って仕事をするので、品質が上がります。内容の信頼性が上がります。

紙に印刷されて後世に残るという意味は、やはり重いのではないでしょうか。著者も出版社も、極力間違いを減らそうという努力をしていると期待できるはずです。

ネットの情報源でそこまでやっているところがどれほどあるでしょう。もちろんちゃんとしたところもありますが、玉石混淆の感は否めません。

少なくとも現状では、本のほうがネットより信頼できると言えるでしょう。

参考書になれている人は学習しやすい

学校の教科書は、いまだに紙です。デジタル教科書も取り入れられつつありますが、当面は紙と併用されるようです。

電子辞書という便利なものがあるのに、いまだに紙の辞書の良さを強調する学校の先生もたくさんいます。

紙の本という形態は、学びやすいのです。我々がそれに慣れているというのがその大きな理由です。

学校では必ず、紙の教科書や辞書に触れています。受験の参考書なども、まだまだ紙のものを使っている人が多いでしょう。それらで問題なく勉強できているのであれば、プログラミングの学習においても、紙の本でちゃんと勉強できるはずです。むしろ、慣れているぶん安心感が得られるでしょう。

網羅的な学習をするのであれば、本がおすすめ

英語の本

プログラミングを徹底的に学びたいのであれば、1冊も本を読まないことは考えにくいです。エキスパートを目指すなら、何冊もの本を読むことになるでしょう。

本を使った学習のよさは、網羅的に学べることです。入門から業務レベルまで、幅広い本が市場に出回っているので、本だけでプロを目指すことも可能です。

最新情報はネットで補う必要はあるものの、本で体系的な知識を身につけ、「体幹」のしっかりしたプログラマーになれば、将来困難にぶつかっても、揺るぎない仕事ができるでしょう。

コードを打ち込みながら学習しようと思っても開きっぱなしにするのが難しい、というのは実は大した問題ではありません。書見台などを使えば簡単に解決することです。モニターの横の適切な位置に立てて開けば、最小限の視線移動で打ち込むことができます。

そして今は、電子書籍という味方もできました。紙の書籍と同じ内容を、好きなデバイスで読むことができます。何冊買っても、置き場所に困ることはありません。紙の本の信頼性と電子媒体の利便性を兼ね備えた、強力な学習ツールです。

プログラミングの基礎を学べる本

開いた本からアルファベットが飛び出てきている

本で学ぶ良さを感じていただけたならば、何か1冊手にとってみてください。

数ある中から、自分に合ったものを見つけてください。

よくわからなければ、下に挙げるようなものもリストに加えてみてください。ちょっと歯ごたえがあるものもありますが、読み通せば今後長い間役に立つ知識が身につくものを選んでみました。

『独学プログラマー』

 コーリー=アルソフ・著、清水貴之・監訳、新木雅也・訳

独学で一からプログラミングを学ぼうという本です。

Pythonを使っていますが、単なるPythonnの教則本ではありません。プロのプログラマーを目指す本です。実際に手を動かしながら学んでいきます。

データ構造とアルゴリズムといった理論的な話題から、バージョン管理といった実務的な話題、さらには仕事を得る方法といったことまで、プロになるためのノウハウが詰め込まれています。

技術書であると同時に、「心得指南」の風格が漂います。

職業プログラマーを目指すなら、これを最初の1冊に選ぶのもよいでしょう。趣味程度でよいと思っているのなら、難しすぎると感じるかも知れません。

『図解まるわかり プログラミングのしくみ』

 増井敏克・著、翔泳社

プログラミングとはどういうものなのか、何ができるのか、ということを俯瞰で見ることができる本です。

内容は多岐にわたります。プログラムが動くプラットフォーム、業界の職種、開発工程、プログラミング言語の種類と特徴、文字や数字の扱い等々、プログラミングにまつわる話題がほとんど網羅されているといっても過言ではありません。

1つの見開きに1つのテーマと、コンパクトにまとまっています。タイトル通り図がふんだんに使ってあり、わかりやすくなっています。それぞれの詳細を知るというよりは、素早く概要をつかむのに適しています。それでいて情報量はしっかりあり、学び甲斐があります。

パラパラとめくって興味のあるところを読むもよし、通読して業界の全体像を知るもよし。キャリアをスタートするにあたって持っておいたほうがいい知識の宝庫です。

『プログラムはなぜ動くのか 第3版』

 矢沢久雄・著、日経BP

プログラムというもののしくみを、ハードウエアにまで踏み込んで解説した本です。

まず、CPUやメモリーといった部品がどういう働きをするのかということを、内部構造などを交えながら説明しています。その上で、ファイルをディスクに記録するしくみやOSの働きなど、だんだんとプログラム寄りの話になっていきます。どこまでいっても、ハードとの関わりという視点は失いません。

実は、ハードの知識はそんなになくてもプログラミングはできます。しかし、コンピューターのしくみを知っているのと知らないのとでは、できあがるものには自ずと違いが出てきます。プロのクオリティーを求めるなら、ハードの知識は必須です。

プログラミングを学び始めたら、早い段階で本書を読むことをお勧めします。一歩ぬきんでた学習者になってください。

HTML&CSSを学べる本

HTML

もっと今すぐ役立つような知識がほしい、という人のために、ここではHTML&CSSを学べる本を2冊紹介します。

HTML&CSSは、Webページをデザインするための言語です。比較的簡単で、しかも需要が多いので、初心者に特にお勧めです。

『初心者からちゃんとしたプロになるHTML+CSS標準入門』

 おのれいこ、栗谷幸助、相原典佳、塩谷正樹、中川隼人・著、MdN

HTML&CSSの基礎を、実際にWebページを作りながら学ぶ本です。

最初の数章は説明中心で、後半に実践演習があります。

Webデザインやブラウザがサイトを表示するしくみなど、Webサイト構築に必須の話題からはじまり、HTMLとCSSの基礎知識の説明につなげます。

実践演習では、シンプルなサイトからはじまり、だんだんと複雑なサイトを作っていきます。

各項目ごとに目安となる学習時間が書いてあるので、計画が立てやすいです。

説明の仕方も含め、とても親切な作りになっています。手堅い1冊です。

『1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座』

 Mana・著、SBクリエイティブ

HTMLやCSSだけでなく、Webデザインの知識も身につけよう、という本です。

よいWebデザインとは、というような話もあって、HTLMとCSSのコーディングだけ学びたい、という人は戸惑うかも知れません。

しかし、HTML&CSSはWebデザインのためのものです。それらは不可分です。両方いっぺんに学ぶことは、実は効率的とも言えます。

Web制作の現場では、デザイナーとコーダーが分かれているところもありますが、両方に精通していれば、貴重な戦力となり得ます。仕事の幅が広がります。

前半で基礎知識を学んだあと、後半で実際に手を動かしながらWebサイトを作ります。おしゃれなデザインなので、作っていて楽しくなります。

本で学習しづらいならWebサービスもおすすめ

タイピングしている手

本によるプログラミング学習について述べてきましたが、ここまで読んで、やっぱり本による学習はキツい、難しい、と感じる人もいるかもしれません。

そういうときは、Webサービスを利用して学ぶこともできます。

動画で手軽に学べるもの、ブラウザにコードを打ち込みながら学ぶもの、マンツーマンで教えてくれるスクール形式のものなど、様々なサービス形態があります。

モチベーション維持の工夫もいろいろとなされているので、独学で挫折しがちな人にも試す価値ありです。

そうして基礎を身につければ、以前は難しいと思った本も楽々読み通せるようになるかも知れません。

まとめ

プログラミングへの入り口が多様化する中で、本を使った学習はいまだにその中心にあるといってよいでしょう。今後はWebサービスなどを利用する人が増えることが予想されますが、それと平行する形で、本も残り続けていくのではないでしょうか。

最短で未経験からフリーランスエンジニアに

プログラミング未経験の方へ。

「自由な働き方がしたい!」「もっと稼ぎたい!」「将来性のある仕事がしたい」と考えている方が多いのではないでしょうか。

そんな方には、フリーランスエンジニアがおすすめです。

未経験からフリーランスエンジニアになるのは簡単ではありません。プログラミングの知識や技術が習得できなかったり、案件が獲得できなかったりして途中で挫折してしまう人もいます。

そこで、フリーランス特化型プログラミングスクールのCOACHTECHを頼ってみませんか?

COACHTECHは生徒様一人一人にあわせたオーダーメイドカリキュラムを組み、現役エンジニアのコーチが学習を最後までサポート。加えて、案件の獲得から進め方まで丁寧にお教えします。

無料カウンセリングではあなたの学習状況や今後の目標についてお聞きした上で、あなたに最適な学習方法を提案させていただきます。お気軽にご参加ください。

学習方法
\ この記事をシェアする /
COACHTECH Lab.
タイトルとURLをコピーしました