エンジニアに英語は必要なのか?必要レベルやメリット、勉強方法を紹介

プログラミング

「エンジニアに英語は必要なのかな・・」「どのくらいのレベルまで英語ができると良いんだろう?」と考えたことはありませんか。

何かと英語の印象が強いプログラミングですが、実際エンジニアになるために英語力は必要なのでしょうか。

結論から言えば、エンジニアに一定の英語力は必要です。ただ、みなさんが想像するような高度な英語力は必要ではありません。

本記事ではエンジニアに英語が必要な理由やメリット、最低限の英語力を身に付けるための勉強方法について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

エンジニアに英語が必要な理由

先ほど言った通り、エンジニアに英語は必要ですが、なぜ必要なのかよくわからない方が多いのではないでしょうか。

エンジニアに英語力が必要な理由は、以下の3つになります。

・公式ドキュメント・リファレンスが日本語非対応の場合が多い

・多くの情報にアクセスすることができる

・海外の人と仕事をすることが増えている

それぞれについて、詳しく解説していきます。

公式ドキュメント・リファレンスが日本語非対応の場合が多いから

プログラミング言語やライブラリ、フレームワークにはそれぞれ公式のドキュメントやリファレンスが用意されています。

公式ドキュメントやリファレンスは、言語・フレームワークの構文やその使い方の情報が詳しく書かれているほかに、その技術の原理・根本的な概念まで説明しています。そのため、これらは技術を深く理解するための最適な教材と言えます。

主要な言語・技術の公式ドキュメントやリファレンスは日本語に対応しているものが多いですが、新しい技術やあまり使われていない技術の多くは日本語に対応していません。

プログラミング初心者の方は最初に主要な言語を学習すると思うので、特に困ることはないと思います。しかし、エンジニアになった場合、あまり主流でない技術を一部使用する企業や、モダンな技術にどんどん乗り換える企業に勤める機会もあるでしょう。

そういった場合、自力で英語のドキュメントを読んでマイナーな技術やモダンな技術の理解を深めることが重要になります。

また、現在はGoogle翻訳などの翻訳機能が発達しているため、「日本語に翻訳すればよいのでは?」と思うかもしれません。

確かに、その方法でもある程度内容を理解することはできるでしょうが、専門用語が多く含まれるため不自然な表現や間違った言葉に翻訳される場合も少なくありません。それでは、正確な構文・概念の把握は難しいです。

このように、日本語に対応していない公式ドキュメント・リファレンスを調べるために、英語は非常に重要なのです。

多くの情報にアクセスすることができるから

公式ドキュメントも含めて、英語を読むことができれば多くの情報にアクセスすることができます。

例えば、「PHP 配列」と検索した場合と「PHP array」と検索した場合を比較してみましょう。「PHP 配列」の場合は約7,610,000件、「PHP array」の場合は約249,000,000件なので、約35倍も検索数に差があることがわかります。

情報量が多ければ多いほど、自分の求める情報にヒットしやすくなります。エラーやバグが起こった時に、日本語で検索して解決方法が出てこなくても、英語で調べればすぐに解決できることも多々あります。

また、最新の技術に関する資料や論文はすべて英語で書かれています。最新のトレンドを把握してスキルアップ・自己研鑽に励むためには、英語力は必須となるでしょう。

海外の人と仕事をすることが増えているから

日本はIT人材不足の問題が深刻で、現在国内エンジニアが圧倒的に足りていない状況です。経済産業省によると、2030年には最大79万人ものIT人材が不足すると予測されています。

(「IT人材需給に関する調査」,<https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf>2021年4月5日アクセス)

そして、この問題を解決するための手段としてオフショア開発が注目されています。オフショア開発とは、システム開発・アプリ開発などの開発業務を海外企業(主に東南アジアの企業)に委託する開発形式で、これにより開発コストを削減することができます。

オフショア開発の中で海外の方と開発内容の擦り合わせを行う時や業務連絡を行う時に、英語は必ず必要です。

また、オフショア開発だけではなく、単純に海外のエンジニアを雇うことも今後増えていくことが予測されます。

エンジニアが英語を学ぶメリットとは

エンジニアが英語を習得する必要性について説明してきました。それでは、実際にエンジニアが英語を学ぶメリットは何でしょうか。

主なメリットは、以下の3つになります。

・プログラミングの学習手段が増える

・エラーやバグ解決のための情報量が増える

・海外でエンジニアとして活躍できる

それぞれ確認していきましょう。

プログラミングの学習手段が増える

英語ができるようになれば、上質な海外の学習サイトや動画を使ってプログラミングを学習することができます。

例えば、YouTubeで「言語名 tutorial」と検索すれば、その言語について網羅的に学習できる動画がたくさん出てきます。日本語で「言語名 チュートリアル」と検索しても網羅的な学習が可能な動画は出てきますが、英語の動画のほうが量も多く、視聴回数が多いものが多いためより信頼性が高いと言えるでしょう。

また、前述したように英語の公式ドキュメントやリファレンスを使った学習も可能なため、英語を学べばプログラミング学習の幅が増え、より効率的な学習が可能になります。

エラーやバグ解決のための情報量が増える

プログラミング初心者だけでなく上級者にとっても、エラーやバグは日常茶飯事です。

エラー・バグを解決する手段としては、インターネットで検索してヒントや答えとなる情報を探すのが一般的です。

日本語で検索して解決できる場合も多いですが、中には日本語の記事では書かれていない場合もあります。日本語で出てこなかった情報が、英語で検索するとすぐ見つかることも少なくありません。

また、stackoverflowという有名なプログラミング質問サイトは英語で表記されており、こちらを閲覧して解決方法を見つけることも可能になります。

海外でエンジニアとして活躍できる

英語を習得すれば、日本国内にとどまらず海外でエンジニアとして活躍することもできます。

海外でエンジニアとして働くメリットとして、日本で働くのに比べて待遇が大幅に向上する点が挙げられます。

日本ではエンジニアの待遇があまり良いとは言えない状況ですが、海外ではエンジニアの待遇はかなり良く、収入も高い傾向にあります。

経済産業省の発表によると、日本のIT人材の平均年収が約598万円なのに対して、アメリカでは約1157万円とかなり高い収入を得ています。

また、インドのIT人材の年収は約533万円と一見普通ですが、インド全体の平均年収が約180万円となっており、他業種と比べて圧倒的に優遇されていることがわかります。

(「IT人材に関する各国比較調査」,<http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/27FY/ITjinzai_global.pdf>)

英語を習得することで、アメリカやインドのような好待遇の国でエンジニアとして働くことができます。

どのレベルまで英語ができるとよいのか

これまで英語を学習する必要性とメリットについて解説してきましたが、実際どのレベルまで英語ができればよいのでしょうか。

英語を習得すると言っても、外国人とペラペラ話せたり難しい論文をスラスラ読めるレベルなのか、それとも何となく意味が分かるレベルなのかでかなり変わってきますよね。

結論から言えば、中学校レベルの読み書きとプログラミングの専門用語がわかればひとまず大丈夫です。

このレベルであれば、実際にプログラミングでわからないことを英語で検索し、記事を読むことに慣れることができるでしょう。

ただ、英語のドキュメントを読んだり検索して出てきた記事を読む分にはこれでよいのですが、実際に海外で働く場合や外国人エンジニアとコミュニケーションをとるにはより高度な英語力が必要になります。

具体的に言うと、基本的なビジネス英会話だけでなく、技術系の会話もできるようになる必要があります。

とはいえ、プログラミング学習と並行してこのレベルまで英語も学習するのは非常に困難ですので、まずは中学レベルの読み書きと専門用語を抑えることを目指しましょう。

英語学習の方法は何があるの?

それでは、具体的な英語の学習方法を紹介します。ここで紹介する学習方法は、現時点で中学校レベルの読み書きが可能で、さらに英語力を高めたい人に向けたものです。

中学校レベルの英語が不安な方は、昔使っていた単語帳やテキストを読み返すなどするとよいでしょう。

英会話スクールを活用する

英会話スクールは、将来海外でエンジニアとして働きたいと思っている方や、会社内の外国人エンジニアと円滑なコミュニケーションをとりたいと考える方に最もおすすめの学習方法です。

英会話をすることで、スピーキング能力だけでなく英語力全体の底上げにもつながります。オンライン学習が可能なスクールや、ビジネス英会話に特化したスクールなど様々な種類があるので、自分にあったスクールを選びましょう。

TOEICやTOEFLの勉強をする

TOEICやTOEFLの勉強も、有効な英語学習方法です。大学の留学制度を受ける際の判断基準になったり、就職・転職活動のアピールポイントになるなど、その実用性が証明されています。

学習の成果が試験の点数に直結するためモチベーションも管理しやすく、就職・転職活動にも使えるためおすすめです。

英語のプログラミング書籍で学習する

一般的なプログラミング学習方法の1つとして書籍を使った学習があげられますが、もちろん日本語だけでなく英語の書籍もあります。

ただ、書籍によってかなり難易度のばらつきが大きいので、最初は初心者向けの書籍を選ぶように注意してください。

上記の2つの学習方法は英語力全般の向上にもってこいですが、こちらはよりプログラミングに特化した英語の学習が可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

エンジニアが英語を習得するメリットは多いですが、プログラミング学習の中である程度の英語力は身につくので、まずはプログラミング習得を最優先にしましょう。

プログラミングにある程度慣れて、さらにスキルアップしたい・選択肢を増やしたい場合に英語を勉強するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました